かれこれ5年、腰痛と毎日たたかっています

No Comments

腰痛の原因

私が、腰痛を患ったのは5年前になります。当時、私は給食関係の仕事に就職しました。私の職場は女性が多く、作業台などの高さは全て女性に合わせてありました。私は男というのと身長が高かったこともあり、毎日前かがみの姿勢で仕事をしていました。加えて、重たいものなどは全て私が運び、腰に負荷をかけていました。

腰痛の始まり
腰痛の兆候があったのは、就職して半年程経った日でした。ふと、右足の親指が気になり触ってみると、なんだか痺れたような感覚でした。大丈夫だろうと放置していたのですが、痺れは良くならず、どんどんひどくなっていきました。それに加えて、仕事中段々と腰の真ん中らへんと首の後ろ側が痛くなっていきました。仕事が、忙しかったこともあり病院や整体に行くじかんが取れず、そのままにしていました。

ヘルニアと診断
痛くなり始めてから、半年後私は家の雪かきをしていました。その頃も腰の痛みは続いていました。雪かきで無理をしたせいか、次の日の起き上がれない程の腰の痛みがありました。さすがにまずいと感じ、整形外科を受診。レントゲンをとり、医師からは、ヘルニアと診断を受けました。ただ、まだ幸い軽い方とのことで、腰の矯正バンドとリハビリとしてストレッチ、体幹を鍛えるよう言われました。

痛みとの日々
ヘルニアと診断は受けたものの、仕事を休むわけにはいかず次の日のからはまた普通に働いていました。腰のバンドのおかげで若干痛みはましでしたが、それでも痛く前かがみの姿勢を長く取ることは難しくなっていました。ひどい時は、痛み止めを飲まないと仕事ができないほどでした。また、朝起きるときも辛く、特にその頃はマットレスなどこだわりもなかってので、毎朝痛みと戦っていました。

転機
転機があったのは、それから数ヶ月後でした。給食施設の事務の方が産休に入るため、その代わりに私が事務仕事へと異動しました。それだけでも、腰にかかる負担は相当なくなりました。また、事務仕事だと自分の好きなタイミングで腰のストレッチもできたので仕事中の痛みはだいぶましになりました。それに加えて、日々のリハビリのストレッチ、体幹トレーニングも行っていったので腰の痛みは日に日に良くなっていきました。

現在
それから、3年が経った今ですがまだ、事務の仕事を続けています。腰の痛みもほとんどなくなりました。ただ、前かがみの姿勢をとっていたり、重いものを持った後には若干の腰の痛みがありますが。また、マットレスと枕も自分にあったものを新調しました。それが1番効果がありました。朝の痛みが嘘だったようになくなりました。

もし、今腰痛で悩んでいる方は、時間がなくてもすぐに受診した方が良いです。早いうちなら、治りも早く済みます。また、腰痛持ちの方は、是非マットレス、まくらにお金をかけて、日々の質の良いねむりを取りましょう!

Categories: 未分類