腰痛は寝起きにやってくる時の対処法と解決策

No Comments

朝に目が覚めまして、猛烈な腰痛に襲われます。
痛みが強烈過ぎて、目がぱちぱちして少し動かすだけでもじりじりとした痛みが走り立つのも辛いです。
軽い体操などでゆっくり時間を掛けて動くように解します。
腰に湿布を貼って、痛み止めを飲んで漸く動くようになります。
しかし油断しているとすぐに痛みがぶり返すので、姿勢矯正ベルトも着けています。
昼は仕事などをしている関係か、あまり痛くないです。
仕事が終わる、夕方から夜にかけて少しだけ痛みます。といっても湿布を貼れば和らぐので問題無い程度です。
やはり寝て起きた後の寝起きが一番痛みます。
一応、寝る前にお風呂で腰辺りのマッサージを念入りにやってはいるのですが、そこまでの効果は感じられないです。
寝るまでは痛みを感じないことから効果があるのは間違いないのですが、朝の寝起きには聞いていないみたいです。
腰痛対策として、結構色々なことをやっているのですがこれといって劇的な効果を発揮するものってないです。
毎朝、体操の後に背筋を伸ばしての散歩などとにかく腰を鍛えているのですが前よりはマシになった程度です。
やらないよりは全然いいのですが、かと言って寝起きの腰痛が治っているわけでもないのです。
寝相なども固定できるように調整し、ベッドも柔らかい腰に負担をかけないという物を使っています。
これほどまでに気をつけても治らない腰痛に毎朝頭を悩ませています。
ただ、痛みは前よりないので継続していきます。
むしろ止めてしまい、前の痛みがぶり返さないか心配です。
腰痛は人によって来るタイミングがわりと違います。
でも、だいたいは夕方から夜、そして朝です。
共通していることがいくつかあります。
痛みが出てくるととにかく痛くて、まともに動くことが出来なくなります。
腰痛持ちはほとんど猫背です。多少無理をしても姿勢の矯正をした方がいいです。
痛くなったらとりあえず医者に行き痛み止めを貰い徐々に治していくしかないのです。

Categories: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です